読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私的革命

 二千年以上昔の中国に次のような話がある。「昔『混沌』という目も耳も鼻も口もない化け物がいた。この『混沌』、ある時人助けをした御礼に目と耳と鼻と口を作ってもらった。ところがそのとたんに死んでしまった。」初めて読んだ当時高校生だった私は衝撃を受けた。なぜ『混沌』は死んでしまったのか?

 目、耳、鼻、口、これらはすべて感覚器官である。視覚、聴覚、嗅覚、味覚、それぞれが我々に多様な≪情報≫を伝えてくれる。ではそもそも≪情報≫とは何か?背が高い人がいる。我々は何をもとに「背が高い」という≪情報≫を得ているのだろう。仮に世界中の人がみな同じ身長だったとする。その際「背が高い」という情報は成り立つだろうか?否、みな同じ身長では高いも低いもない。その人より背が低い人が全体の過半数以上いて初めて「背が高い」と判断しうる。つまりそこに比べるべき対象があって初めて情報は≪情報≫たり得る。この考えを突き詰めれば≪情報≫とはすなわち「比較」であり「差」であるといえる。時としてそこには痛みが伴う。「比較」とは優劣を明らかにすることでもあるからだ。『混沌』が死んでしまったのはきっと≪この痛み≫に耐え切れなかったためだろう。私はそんな風に理解した。同時に≪この痛み≫から逃れるすべはないものか?そんな疑問を持った。

 大学に入り寺の息子とつるむようになった。一度そいつの実家で、住職の親父さんと三人で飲んだことがある。親父さんにこの話をしてみた。

「比較という考え方からは逃れられないのですか?」

「答えになってるかわからんが、お釈迦さま知ってるか?自分の妻子ほったらかしにして修行に出た困った人なんだけどさ。この人はどういうこと言ったかというと、とにかく欲から逃れたいって言ったんだ。あらゆる欲からさ。でも考えたら贅沢な話だろ。すべての欲から逃れたいなんてさ。それ自体が一番の欲だっての。」

 目から鱗だった。お坊さんとは偉いなあと感服した。このとき壁を超えたような気がした。その壁は人生の要所要所で現れる、そういうたぐいの壁だ。苦も無くそれを乗り越える人もいれば、私のように時間のかかる者もいる。だが、いずれは自力で乗り越えねばならない。でないと『混沌』のような結末になってしまうからだ。手こずっている人はこの文章をてこにしてほしい。役に立てれば幸いだ。

 後に友人から聞いたのだが、ありがたい言葉をくださった親父さん、財テクに余念がないそうだ。これだから面白い。