どこ吹く風

自分には全く関係・関心がないというように、知らん顔をすること。「何処吹く風と聞き流す」

学童で働く理由

「ねえ、何で学童の先生になったの?子供が好きなの?」

 

 今日、職場で数人の5~6年生に囲まれて尋ねられた。経験上、こういった質問には真摯に応じる必要があると解っている。私なりに誠実に答えた。

 

 「子供が好きか?と言う質問は少し違うと思う。と言うか、少しずれている。つまりはこう言う事なんだ。ある作家が次のように述べている。“子供と気違いは常に真実を述べる。”そして、アンデルセンが見事に指摘したように“王様は裸だ!”と叫ぶのも常に子供なんだ。私が学童の先生になったのは、その辺りと深く関係しているんじゃないか?と自分では分析しているよ。」

 

 そうなのだ!王様は裸だと叫ぶのは常に子供か気違いだ。そしてそれは、停滞した社会の在り様を少なからず前進させることに他ならない。いわゆるブレイクスルーってそう言うところから始まるんじゃないか?そう思うようになって久しい。

 

 私が学童で働くことを選択したのは、その辺りの事情と深く関係しているらしい。自己分析。

 

 また、宮台真司さんが次のように述べている。この社会で本当に自由なのは“空気を読まない人”もしくは“空気を読めない人”に他ならないと。その意味で子供と気違いは確かに自由だ。そして自由な存在に魅せられるのもまた確かだ。空を飛ぶ鳥に誰だって一度は心惹かれた事があるんじゃないだろうか?もっとも最近では空気ばかり読んでいる“飛べない鳥”が増えているのもまた一面の事実だが・・・。

 

 さて、“空気ばかり読んでいる大人”には死んでもなりたくない私としては、彼ら彼女らに言ってやりたい。「人生は一度きりなんだ。空気ばかり読んでいるうちに終わっちまうぞ!それでいいのか?大空を飛んでみたくないのか?」と。

 

 何だか扇動的な文章になってしまったけれど、何を言いたいかと言うと、社会を、世界を変えるのは、それも良い方に変えていくのは、常に子供なんじゃないか?そう言う思いが私にはあるという事。(漫画家の楳図かずお先生もそう仰っていた。)

 

 「つまり、これからの世界を創っていくのは君達子供なんだ!!!」

 

 そんなわけで、みんなを上手く騙して、けしかけておいて、みんなが世界をより良い方向にかえてくれたなら、そのオコボレにあずかろうというのが、私のさもしい願いだ(笑)。


 私が学童で働く理由、こんなところで良いだろうか?

王様は裸だ!

 

 

越えて行け②

「先生は中学の時、ポジションどこだったの?」

学校から学童に帰って来た6年生の男子に聞かれた。私は正直に答えた。

「私は右のハーフをやってたよ。でも中学3年の時、サッカー辞めちゃったんだ。」

「何でやめたの?」

「すごいわがままな奴がいてさ。そいつをキャプテンも部長も抑えられなくて、結局、俺とそいつが衝突して、俺が辞めた。」

その男子は「な~んだダメじゃん」と言う顔をしていた。そうなのだダメなのだ。私は散々サッカー好きを公言してきたが、自分自身はサッカーを中途でやめた経験がある。

 

 帰ってくるなり、そんな質問をしたところから見ると、もしかするとその男子はどこぞで情報を仕入れて知っていたのかもしれない。それで私が何と答えるか?試しに聞いてみたのかもしれない。その男子はがっかりしたような顔をしていた。私はまずかったかな?と思いつつも正直に伝えたのだからこれで良い。そう結論付けた。

 

 途中で止めてしまったとしても、好きなら、またやりたくなったらやればよい。一度身についたスポーツは一生ものだ。確かにその当時のチームメイトには悪い事をした。特に小学校から同じチームでやって来た当時のキャプテンにはその後なじられた。でも私にも私の言い分があった。「お前がしっかりしないから俺が奴と衝突したんだろう!」と。今となっては昔話だ。

 

 この話を聞いてその男子は私のことを「な~んだダメじゃん。」と思ったかもしれない。私のことを「ハセキング」と呼んで慕ってくれた彼には悪い事をした。でもこれで良いのだ。家では威厳に満ち溢れているお父さんが、会社の上司にはペコペコしていたり、学校ではお手本の先生が、実は私生活でだらしない面があったり、ヒーローと思ってきた人に実は話したくない過去があったり、それらを知って初めてそれまで“絶対的“だった存在を“相対化”できるのだ。そうやって人は“大人”になっていくのだ。私だってそうだった。

 

 もし仮に永遠に“相対化”できない相手がいるとしたらそれは例えば私にとってはチェ・ゲバラだったり、ジョンレノンだったり、多くは人生の半ばで命を落としてしまった人達だ。天寿を全うした人がいるとしたらそれはモハメドアリくらいのものだろう。もっともモハメドアリだって欠点は多々あった。彼の「ベトコンは俺たちの事を二グロと呼ばないからな。」と言う発言は、彼がベトナムの人達の事をベトコンと呼んでいる時点で矛盾している。それでもやっぱり偉大な男だったと私は思うのだが・・・。

 

 話しはそれたが、そうやって絶対的な存在だった人たちを相対化する事で、乗り越えて行く事で人は大人になるのだ。私の様な“身近な大人”の代表としては彼らの“踏み台”になってやることが1つの役目なのではないか?と感じている。彼らがどう思うかは知る由もないが・・・。

 

 そう言うわけだからK君。私なんてヒーローでもキングでも何者でもないんだよ。だから私のことなど踏み台にして、もっともっと高い所まで駆け上がってごらん。そして私の見られなかった景色まで見てご覧。遠くまで行ってご覧。そうすする事が我々大人の大切な役目の1つなんだよ!そうやって、バトンて受け継がれていくもんなんだよ。だからK君、君が大人になったらやっぱり次の世代の子供たちの踏み台になってやってよ。それが私からのお願い。ではまた!!!

偉大な男です!

 

宿題

 「なんで宿題なんてやらなくちゃいけないの?」

職場の学童での一コマ。この問いは小学生にとっての永遠のテーマだろう。先日、適当にお茶を濁してしまったから、この場で改めて答えたい。

 

 私に言わせれば、宿題には相矛盾した2つのメッセージがある。

 

①考える力をつけさせるため

②考え無くさせるため

 

の2つがそれだ。何を言ってんだ?と思うかもしれない。順を追って説明したい。

 

 ①の方は解りやすい。サッカーに例えるなら、宿題をやるのはサッカーの基本のきであるボールタッチやインサイドパス・トラップなどの練習に当たる。こういった基礎的な足元の技術が出来るようになって初めて、“繋ぐサッカー”や高度な戦術をこなせるようになってゆく。高い建物をつくるにもまずは土台作りから。その土台に当たるのがこれらの基礎練習だ。学校の宿題はまさにこれに当たる。基礎的な計算の出来ない者に抽象的な・哲学的な思考など出来ようはずもない。

 

 次に②について。結論から言うと、宿題とは“出す側”と“出される側”との関係性を固着化させるための方便の1つだ。どう言う事か?

 我々学童支援員にも《子供達に言う事を聴かせなければならない場面》と言うのが多々ある。「言う事を聞きなさい!」と頭ごなしに言うのは下策だ。本当はいつもその子のことを思いやって、親切・丁寧に面倒を見てやる。それが出来ていれば、自然とその子はこちらを信頼して言う事を聞いてくれる。でも、(と言ってはいけないのだが・・・)全部の子供達を丁寧に優しく指導するなんて物理的に不可能だ。それに、こちらだって人間だから間違いや限界もある。その状況で「言う事を聞きなさい!」と1度や2度、言葉で言った所で効き目は薄い。有効なのは“習慣化”だ。つまりは「支配する側と従属する側」と言う関係性を習慣化してしまう事だ。ここで言うならば、宿題を出す側、出される側と言う関係を毎日、毎日繰り返す事で、支配と従属の関係を固着化させてしまうのだ。そうすれば子供達はツベコベ言わずに従うようになる。のみならず、誤解を恐れずに言うならば彼ら彼女らは“考えなくなる”のだ。もともとは持っていた「何故、宿題なんかあるの?」と言う問いすらいつの間にか忘れてしまう。言われたことを疑いもせずにやるようになる。

 

 その様に考えていくと、はじめて「宿題とは相矛盾したメッセージを発している」事が理解できる。ではこの相矛盾するメッセージのどちらがより重要なのか?

 

 私たちが育成したいのは言うまでもなくシチズン(市民)であり、シヴィリアン文民)だ。間違っても兵隊ではない。である以上、より重きを置くべきなのは前者だ。少し話は飛躍するが、サッカーにおいて“本当にいいチーム“とはどんなチームだろうか?それは選手自らが考えるチームだと私は思う。試合中に監督が与えられるメッセージには限界がある。選手自身が「今試合はどういう局面なのか?」を理解し、時間を使うべきなのか?引いて守るべきなのか?それとも攻めるべきなのか?ショートパスを多用すべきか?ロングパスを多用すべきか?等々。それを最終的には選手自身が考えるべきだと私は思う。

 

 よくサッカーのチームにはピッチ上の監督と言われる選手がいる。そういう選手がいるチームはまるで1つの生き物のようになる。そしてそういうチームは強い。そのような能力を発揮するかどうかは別として、全員が持つべきだと私は思う。つまり考えなくてはいけない。言い換えれば「何故、宿題が必要なのか?」と言う問いを忘れてはいけないのだ。同時に考える力を養うために絶対に宿題はこなさねばならない。宿題が本当に必要なのか疑問を抱きつつも、義務教育においてはきちんと宿題をこなす。こなさせる。これが私の“宿題”に対するスタンスだ。

 

 そして本当にできた子供と言うのはそういったこちらの意図をちゃんと理解している。で、言ってくれるわけだ。「毎日毎日宿題考える先生も大変だね!」と。

 

 もちろん皆が皆、そんな“出来たお子さん”である必要など全くない。そんな出来過ぎた子供ばかりでは教師の方が報われない。だからなM君「なんで宿題なんかあるんだよ?」と言う問いはそのまま持っていていいんだ。それはM君の大いなる強みだと私は思う。でもな、それはそれとして「宿題はちゃんとやれよ‼‼‼。」

 

ではまた!

「宿題」一度は出してみたいものです‼‼‼

 

指導者の使命

 去る1月9日。高校サッカー選手権の決勝戦が行われた。結果は岡山学芸館が東山を破り、初優勝した。私もベスト16以降の試合は時間の許す限り観た。地元ひいきと言うわけではないが、技術的に最も面白いサッカーを繰り広げたのは前橋育英だったのではないかと思っている。うちの父に言わせれば、ミドルからでもいいから打つべき時に打たない一片のもどかしさは残ったとの事。それでもやはり、最も見ごたえのあるサッカーをしたのは育英だったと言う結論に我々は落ち着いた。ちなみに育英は熊本代表の大津高校PK戦で敗れ、結果はベスト8だった。(夏のインターハイでは優勝)

 

 優勝こそ逃したものの、高校生でこんなに面白いサッカーを表現するのは凄い事だと思う。そのチームを作り上げた山田監督はやはり凄い。私のような下手の横好きだってやっぱりサッカーが面白かった。何が面白かったかって、それは時にドリブルで、時にパスをつないで相手を崩してゆくその過程だ。時としてそれは“勝つ事”それ自体よりも面白かった。それがサッカーの醍醐味であり、私がサッカーを好きな理由の核心でもある。

 

 逆に言えば、身長の高さとフィジカルの強さにものを言わせて、ロングスローでポン!と言うサッカーが私は一番嫌いだ。(失礼を承知で言わせてもらいます。心当たりのある方々ごめんなさい。)

 

 これは憶測にすぎないのだが、もしかしたら山田耕介監督は勝つ事と同等かもしくはそれ以上に、子供達がサッカーを好きでい続けられるよう、もしくはもっともっと好きになるようにと思いが根底におありなのではないか?だからこそあのような面白いサッカーを追求したチーム作りをしておられるのではないか?もしそうだとしたらなんて素敵な指導者なのだろう!今年のチームでボランチだった徳永涼選手のように、Jの下部組織の誘いを断って育英に入ってくる生徒がいるのもうなずける話だ。

 

 色々な指導者がいていい。ただ、“勝ちさえすればよい”と言うのは正直どうかと思う。そういう風潮がまかり通ってしまっては、長い目で見た時、サッカー界全体の為にならないからだ。やはり指導者と言われる人たちにはサッカーを好きだという情熱が根底に不可欠で、その情熱が子供達に伝播して行くようでなければいけないのではないか?山田監督の教えのもと、前橋育英が最も多くのJリーガーを輩出している事とそれは無関係ではないと私は思う。

 

 どんなスポーツだって同じだが、指導者と言われる人は子供達がそのスポーツを嫌いになるような指導をしてはいけない。その指導者の下でそのスポーツがもっともっと好きになったと言わせられればしめたものだ。

 

 私は学童の支援員だが、やっぱり学童も同じで、子供達が学童で過ごす時間が、遊びが、勉強が、おやつが楽しみになるような指導をしたい。それがまがいなりにも1指導者としての使命であり、醍醐味でもあると私は思うのだ。

有難うございます!!!

 

 

何の為に生きるのか~2023年頭に臨んで~

 先日、マンガ『ブランクスペース①~③ 熊倉 献』(ヒーローズコミック ふらっと)を読んでいて作品中に石川啄木の歌が出てきた。

 

「さばかりの事に死ぬるや」「さばかりの事に生きるや」

止せ止せ問答

 

訳「これだけのことに死ぬのか」「これだけのことに生きるのか」問答なんか止めちまえ!

 

なるものだ。しばしば自殺の誘惑にかられた啄木の心の中の問答だろう。

 

指しあたって私に自殺願望はないが、

 

「さばかりの事に生きるや」 (これだけのことに生きるのか)

 

と言う箇所は人間にとって普遍的な問いだ。考えてみる価値はある。我々は何の為に生きるのか?私も物心ついたころから小学生低学年くらいまでに何度も自問自答した。とても難しい問いで容易には答えが出ないが、最近の私はこう解釈している。

 

 逆説的ではあるが、“良く死ぬために”我々は生きているのではないか?と。もう少し詳しく言うと“良い死に方をするために”我々は生きているのではないか?と。良い死に方とは則ち、死の間際に

「生まれてきて良かった。生まれて来て大正解の大満足!」

と、納得して死ぬ事だそこに後悔はない。そんな死に方をするために、我々は生きているのではないか?そう解釈している。それは言い換えれば豊かに生きるという事だ。豊かに生きるとは、美味しいものを食べ、美しいものを見て、心地よい音色に耳を澄ます。そういう事だ。でもそれだけでは足りない。人と人との間に生きる人間としては、それらを共有する誰かが欲しい。つまりそこには良好な人間関係が不可欠だ。そして良好な人間関係を築くために、我々は真心をもって他者に接すべきなのだ。ただ、全ての人に真心をもって接すことは難しい。そこには利害関係もある。だからせめて、自分の大切な人、家族、恋人、友人、同僚、そういった人達に真心をもって接する。それが豊かな人生を送る事、ひいては“良く死ぬ事”につながるのであり、生きる目的への近道なのではないか?そんな風に最近の私は考えている。

 

 これらを簡略して述べると、要するに「近しい人達を大切にして、正直に生きよう!」という事になる。何だか極々当たり前の結論になってしまったが、何度も述べているように“当たり前”って大事なのだ。ただ何故“当たり前”が大事かを紐解いていくと、そこには非常にダイナミズムに富んだ面白さがある。その面白さをじっくりと味わう時間的余裕が現代の資本主義社会には足りていないのではないか・・・?とは常々思う。AIやロボットに仕事は任せて我々人間は原理原則について立ち止まってじっくりと考えるべきなのではないだろうか?そんな事を2023年の年頭に当たって考えた。

 

皆さんはどうお考えだろうか?

えっそんなこと考えるヒマはない?

いや、ヒマって本当に尊いものなんですね!

どうぞヒマを大切に!

ではまた!

「さばかりの・・・」

『ブランクスペース①~③』ツタヤで借りました。面白かったです!

 

初夢

 昨日、1月1日から2日にかけてみた夢に故安倍元総理が出てきた。夢の中で私は自分の夢を疑った。何故こんなに偉い方、しかも故人が夢の中に出てくるのだ?と。皆さんも笑うかもしれない。なぜおまえごときの夢に安倍元総理が出てくるのだと。夢を通じて意思疎通できるというのは私の持論だし、意思疎通とまではいかなくとも、そこに何かしらの縁があるから夢で邂逅できるのだと私は思っている。それにしても何故安倍元総理が?しかも彼は故人だ!一体何故?

 

 そういえば以前このブログで「美しい国」よりも「優しい国」くらいでいいのではないか?と言う趣旨の文章を書いたことがあった。まさかそれ!?と思って、夢の中で困ってしまった。「でもやはり、「優しい国」くらいでちょうどいいのではないですか?」と問うたら、安倍元総理は朗らかな顔で微笑んでおられた。それを感じて私は「政治的信条は別として、やはり大きな方だったのだなあ。」と納得した。そうしたら夢から覚めた。

 

 以前から私はこの国の事を結構悪く書いてきた。曰く、出る杭打つ、足の引っ張り合い等々に見られる同調圧力の強さ。合理的判断よりも、感情の調和を重んじる国民性、個人の未確立等々。でもそれらはいわゆる愛情の裏返しと言うやつで、私は私なりにこの国に対して愛情とまではいかなくても愛着を抱いていたのかもしれない。本当に1ミリグラムの愛着も抱いていないなら、そんなこと書かなければよいのだ。本当にどうでもよければ切り捨てればよい。それだけなのだ。だからと言ってこの国の在り様をベストだとは決して思わないが・・・。

 

 安倍元総理と夢で逢ってそんなことを思った。2023年私の人生にとって初夢に安倍元総理が出てきたことにはどんな意味があるのだろう?何を言っているだのこいつは?と思う方いるかもしれないが、ほんとに夢に出て来られたのだから仕方ない。私だって例えばローラの様な美女に夢に出てきてもらって「いいことあるかもよ!」とか言ってほしかった(笑)。

 

 そんなわけで、いったいどんなわけなのか私にも解りかねますが、とにかく2023年あけましておめでとうございます。本年もお付き合いのほど、よろしくお願いします。

 

                          

2023年1月3日   長谷川 漣

 

美しい国」と「優しい国」に関する過去の記事はこちら

kirutokira.hatenablog.com

 

美人は国の宝です!

 

愛の才能

 先日から『宝石の国』(市川春子①~⑫ 講談社)を読んでいる。現時点で8巻まで読んだ。面白い。以前にこの人の短編集を読んだ事がある。独特の世界観とそれでいてポップな絵柄が印象的だった。その世界観を本作でも引き継ぎ、より深めている。才能だなぁ~と思う。

 

 才能とは詰まる所セルフィッシュな(自分勝手な)ものだと以前このブログで書いたことがある。完璧な人間など存在しないという前提に立つならば、何か特別に秀でたところがあれば、その分どこかで欠けた部分があるのではないか?と考えるのは自然な事だ。歴史上の人物を振り返っても、人格的に円満でしかも才能に溢れている人など聞いたことがない。円満な人格と強烈な才能が併存するなどおかしな話だ。この『宝石の国』の作者である市川春子さんもそうなのだろうか?

 

 私自身、才能の欠片の、そのまた余光のようなものが仮に、仮に在るとすればだが、やはりどこか欠けている部分があるのではないか?そう思っていた。そんな折、職場の学童で経営者の先生から「長谷川先生は、もっと子供の立場に立って考えた方がいい。そうでないと他の職員の信頼は得られないよ。」と言われた。きっかけは大画面のテレビで子供達に映画を見せた時のことだ。賞味2時間程度の『ドラえもん』の長編を2回に分けて観せたのだが、前半を止める際、私は良かれと思ってちょうど1時間過ぎたところキッカリで止めた。でも、先生がおっしゃるには「止めるのは時間キッカリでなくてよい。子供達が納得するキリのいい場面で止めればよい。」との事だった。その方が子供達の意に沿っていると。それを聞いてハッとした。どうも自分は自分自身に対して誠実で在ろうとするだけで、子供達の、ひいては相手の立場に立つという視点が欠けていたのではないかと。相手の立場に立つとは、すなわち相手を思いやる事であり、ひいては相手を愛するという事だ。私は私自身の理想や哲学に忠実であろうとするだけで、目の前の相手を思いやるという極々基本的な事が出来ていなかったのではないか?つまり自分自身にしか興味がないのではないか?と自己嫌悪した。

 

 その昔90年代終わりころのアーティストに川本真琴さんがいる。彼女が岡村靖幸作曲・川本真琴作詞の楽曲『愛の才能』の中で「愛の才能ないの♪今も勉強中よSOUL!」と歌っていた。リアルタイムでは意味が解らなかったが、今なら解る。どうも私にも愛の才能はない様だ。

 

 そんなことを思いながら大晦日の今日2022年を振り返っている。来年は目の前の子供達をもっと愛せる様にならなければ・・・。無論甘やかすのとは別の意味で。

 

 さて、これが本年最後の投稿となります。皆さんにとって来たるべき年が良いものとなるよう祈っています。本年はお付き合いいただきどうもありがとうございました。来年もまたよろしくお願い致します。それではよいお年を。

               

                         2022年12月31日  長谷川 漣

宝石の国』面白いです‼‼‼

(75) 【MV】川本真琴 Makoto Kawamoto 愛の才能 Ai No Sainou - YouTube

今回初めてサビ以外の歌詞を読んでみたのですが、結構過激です。少しこちらの意図と違っていたかも・・・。