どこ吹く風

自分には全く関係・関心がないというように、知らん顔をすること。「何処吹く風と聞き流す」

優しさ・正しさ・強さ・力

 現在勤務している学童で私は長谷川先生と子供たちから呼ばれている。学校の教員ではないが、やはり指導者であることに変わりはない。

 

 指導者として出来るだけ子供たちに優しく接しようと心がけている。でも優しいだけでは足りない場面もある。子供同士のトラブルはもちろんのこと、たとえ相手が日ごろお世話になっている方であっても「ならぬものはならぬ」と言う“強さ”が必要になる事が、確かにある。でないと子供たちにそっぽを向かれてしまう。優しいだけの指導者なんて、いざと言う時頼りないこと甚だしい!その点を子供たちはよ~く見ている。

 

 さて、強さの裏付けには“力”が不可欠だ。すぐに思い浮かぶのが“武”力だが、それは最後の最後の手段。孫子も言っているように出来る事なら政治力・外交力で解決したい。

 

 ところがこの2つが私は昔から下手だ。

 

 政治力とは自分や相手の立場をうまく利用して巧みに物事を進めていく力。まだ自分のことで精いっぱいの私にそんな力はない。

 

 外交力とは詰まる所コミュニケーション能力だ。そしてここで言うところのコミュニケーション能力とは、陰口と井戸端会議に他ならない。

 どちらも私の超苦手とするところだ。

 

 さてどうしたものか?

 

 そこでと言うわけではないが、私がここ数年で磨きをかけた?のが発信力だ!ひとえにインターネットのおかげと言える。

 

 この発信力は武力とはまた違った意味で強力だ!何故なら、政治力や外交力がその場だけの限定的なモノであるのに対して、発信力はその対象がそれこそ全世界に広がるからだ。無論管理者サイドが制限をかけなければの話だが・・・。

 

 それだけに、この力を使うのは慎重にならなければならない。もし用いるなら時間的にも空間的にもピンポイントかつ有効にすべきだ。

 

 そして私の発信力はそれなりに強烈であると自負している。

 

 でも、何にせよ、“力”は使わないに越したことはない。それは“発信力”だって同じこと。

 

 もし使うとすれば、この文章自体がそれこそ「こけおどし」でもいいから“抑止力”になれれば、それでいいのだ!

 

 さて“力”について今回は考えてみました。もうすでに孫子が2000年以上昔に述べている事ですが“力”は使わない事にこそ意義があるのです!

 

 そうです。平和って尊いものなのです!

 

 皆さんの属する組織では“力”が正しく使われて、もしくは使われずに済んでいますか?

 

 職場にしろ、学校にしろ、サークルにしろ

 なるべく、優しくて正しい人のもとに“力”が集まる。そんな組織だといいですね!そして、そのような組織になれるか否かは組織のメンバー1人1人にかかっているのです。(自戒をこめて)

 

 ではまた!

f:id:kirutokira:20210802011033j:plain

良い指導者って難しい!

 

自分自身との戦い

 オリンピックが始まった。

 もっとも私は男子サッカー以外興味がない。よって男子サッカー以外は基本テレビ中継も見ない。うちの両親などはここぞとばかりに、普段、見向きもしない水泳や、バレーボールの中継を熱心に応援している。ミーハーなのだ。とは言えない。そもそもオリンピックとはスポーツの祭典、つまりお祭りなのだからミーハーで全然問題ないのだ。ミーハーになれない私の方こそノリが悪いというべきか?

 

 まあそれは良いとして、今回のオリンピック。コロナの問題は別として、いろいろケチがついた。クリエイティブディレクターの佐々木氏をはじめ音楽担当のコーネリアス・小山田氏や最後にショーディレクターの小林氏と辞任・解任が相次いだ。

 

 私は詳しい事は解らないので、ここで偉そうにコメントできる立場にはない。ただ小山田氏の件については思うところがある。

 

 結論から言うと雑誌のインタヴューで自分の過去のいじめを武勇伝の如く語った小山田氏は確かに悪い。でもそれを声高に非難できる人間がどれほどいるのか?と私などは思う。

 

 私自身についていえば、いじめたこともあるし、逆にいじめられたこともある。見て見ぬふりをした傍観者もいじめた側にカウントするなら、この国のほとんどの人は私と同じではないだろうか?

 

 小学生の頃の私は心無い陰口やからかい半分で同級生を無視したりもした。十分にいじめと言える行為だったと思う。その私がいじめられたのは中学に入ってからだ。中学1年の時同じクラスのTと言う体のでかい男子に私は執拗に狙われた。その頃の私はそれなりに勉強も運動もでき女子生徒からの人気もそれなりにあり、Tからすれば面白くない存在だったのだろう。Tが私を狙い始めるとクラスの他の男子は一斉にTになびいた。クラス中の少なくとも男子から、からかい半分のいじめを受けるようになってしまった。

 

 Tは自分より弱い相手を見つけては、その相手を辱める事で自分の精神を保っているようなところがあった。今までの人生で関わった人間の中でも1番たちの悪いやつだった。私はクラスが変わるのを機に別の友達をつくり、出来るだけTとは関わらないようにした。その後Tとは同じ高校に進学したのだが、高校でもTは自分より立場の弱い人間を見つけては同じような辱めを繰り返していたらしい。一度そうしたいじめが発覚して無期停学をくらっていた。今でも同じような辱めを繰り返して自分を保っているのか?それとも深い内省をしたのか?私には解らない。もう関係のない事だ。

 

 後に聞いた話によれば、Tの家には複雑な事情があったようだ。今ここでそれを明らかにするのはさすがに憚られる。だが、そうした事情がTに鬱屈としたストレスとしてのしかかっていたのは事実だろう。ただ問題はここだ。Tは自分が受けたストレスを自分より弱い相手に対して発散する事で自己を保っていた。要はいじめられた人間が自分より弱い人間をいじめるのと同じ構造だ。

それではいけない。

 私事で恐縮だが、私に人に誇れることがあるとすれば、自分がいじめられてからは決して他人をいじめなかった事だ。実にちっぽけな、でもこれが私の人格・アイデンティティーを形作る重要な要素だ。

 

 いじめたり、いじめられたり、それが人間を含め、生き物の自然な在り様かもしれない。ただ人間が他の生き物と違うとすれば、それは自分がいじめられた後だ。今度は自分より弱い立場の誰かをいじめるか?それとも逆にいじめに加担しない側、いじめをなくして行く側になれるか?つまりは、自分自身の業を超えられるか?結局は自分自身との戦いなのだ。

 

 その事に皆が早い段階で気づけば、いじめは少しずつでも減っていくのではないか?そう思う。

 

 当時の小山田氏の家庭環境や背景に何があったかは知らない。でも深い内省をして、また公の場でその才能を生かして欲しい。もっとも既に深い内省をしていたのかもしれない。私には解らない。

 

 今から2000年以上昔、ある女性が不義を働いた。

 皆が石のつぶてを彼女に投げる中、ある男が言いった。

「この中で今まで罪を犯したことがないものがいれば、この女をぶちなさい。」

 一人、また一人と石を置いてそこから立ち去っていったそうだ。

 

 ある男とはキリストです。私は別にキリスト教徒ではありません。でも時と場所は移れど人の営みに大きな違いは無いようです。

 

 さて、皆さんはいじめた経験ありますか?いじめられた経験ありますか?そして、今現在はどうですか?自分自身との戦い「葛藤」とも言いますが、それに勝てていますか?もしかするとそれを成長と言うのかもしれません。

 では、また!

f:id:kirutokira:20210725000729j:plain

あまりにひどければ無理して学校に行く必要はないと思います!

 

優しい文化

 学童の子供たち、特に男の子に人気のある遊びは「紙飛行機」だ。

 紙飛行機に特化した折り紙の本もあり、いつも誰かが作っては飛ばして遊んでいる。風に乗って空を飛ぶことへのあこがれは男の子たちの心をギュッとつかんで離さない。思えば私自身もそうだった。

 

 18で大学のある仙台に移り住んで、真っ先に入ったのが学友会航空部だった。とにかくグライダーで空を飛んでみたかったのだ。

 入ってみてわかったのだが、グライダーを1回飛ばすだけでも、物凄いお金と労力が必要になる。とてもきつい部活動だった。

 

 その航空部の初フライトであろうことか私は吐いてしまった。

 前席に教官、後部座席に私が乗りウインチに魅かれて大空へと飛び上がった。そこまでは良かった。上空1400メートルくらいのところだったと思う。上昇気流に乗り旋回しながら景色が地図のように見える段階までくると、もともと乗り物に弱かった私の胃は中の物を逆流させてしまった。教官に「気持ち悪いです。」と告げる暇は無かった。ただ、とっさに「ここで吐いたらやばいな。」と思い、その時着ていたヘインズの白いTシャツの中に吐いた。

 

 部員全員の共有物であるグライダーのコックピットで吐いてしまい、怒られるか、白い目で見られるか。どちらかだと思っていた私。だが周囲は優しかった。「Tシャツの中に吐いたんだ。えれーよ!」そう、3年生の先輩は言ってくれた。思わず泣きそうになった。

 

 お金の問題もあり程なく退部したのだが、その時のことは今でも忘れない。優しい組織文化だった。

 

 あれから20数年。いろいろな組織に入ったり出たりしてきた。サークルだったり、研究室だったり、学校だったり、療養施設だったり、お店だったり、会社だったり、いろいろだ。良い組織もあれば、そうでない組織もあった。今になって思うのは、その組織の文化をつくるのはやっぱり「人」だということ。「企業は人なり」とあるマンガで読んだ事があるが、その通りだ。

 

 誰かに優しくされたら、今度は自分が誰かに優しくしてやりたい。優しさも広がっていく。だが、その逆もまた然り。それが人と言うモノかもしれない。何にしろ、そうやって「習慣」が「文化」に変わっていく。冷たい文化よりは、優しい文化が醸し出される方がいい。無論、金銭的に潤っているかどうかで、その組織文化が優しいかどうかもある程度は決まってくるが・・・。それでも最終的にはやっぱり「人」だと思いたい。

 

 さて、皆さんの属する組織は優しい文化ですか?もしくは優しくなれるよう努めていますか?また、潤っているから優しくなれるのか?優しいから潤ってくるのか?どちらが先なのでしょう?「政の基本は民を食わせることにある」とも言います。にわかには答えの出ない問題です。皆さんはどうお考えになりますか?

 私?私にも解りかねますが・・・、でも優しさと贅沢とは別のものだという事はなんとなく解ります。では、また!

f:id:kirutokira:20210724162310j:plain

あの時は有難うございました!

 

魔法の言葉

 NHKスペシャル『シリーズ人体』によれば、言葉と人体には不思議な関係があるらしい。

 

 リオパラリンピック陸上で全距離種目メダル獲得のタチアナ・マクファーデンさん。

 常人ならそれ以上の肉体の行使には脳からストップがかかるはずのところ。それを彼女は「私は出来る」とロシア語で唱える事により克服したという。

 

 彼女の脳には言語を司る分野と運動を司る分野に通常では見られないほどの太い?伝達回路?ができていると番組では述べていた。何でも旧ソビエト出身のマクファーデンさんは車いすの無い生活を送らねばならず、都合上、逆立ちで移動せざるをえなかったのだとか。その際唱えたのが「私は出来る」と言う言葉だった。言葉の力ってすごい!

 

 全距離種目メダル獲得の彼女とは比べるべくもないが、私にも似た時期があった。

 

 その頃の私は事あるごとに「負けてたまるか!」と唱えていた。ただ悲しいかな。マクファーデンさんとの違いは、私の場合「相手ありき」だったことだ。私が「負けてたまるか」と唱えるごとに相手はより強大になっていき、最終的には・・・私のことをよく知る皆さんはご存知の通りだ。我ながらよくまあ、よみがえったものだ。

 

 さて、本来なら無くしていたはずの人生を取り戻した私。

 その私が最近職場の仏様の前で唱えるのは

 「今日も平和でありますように」

 平和のありがたみと言うものが解ってきた今日この頃なのです。

 「そんなわけで、明日も平和でありますように!」

 お休みなさい。な~む~。

f:id:kirutokira:20210720011022j:plain

な~む~

 

創育工夫・笑顔・働きがい

 仕事が面白い。

 夏は学童の正念場だ。学校が夏休みになり一日預かりとなる。熱中症の危険性があるため必然的に室内で過ごす時間が多くなる。そこで密にならずに、しかも子供たちが一人で没頭できる遊びを用意しなければならない。ゲームやマンガは基本的には禁止。持ち込めない。使えるお金には限りがある。

 さてどうするか?ここが支援員の腕の見せ所だ。

 

 すぐに考えられるのは

 〇ペーパークラフト

 〇折り紙

 〇ぬり絵

 〇写し絵

 〇パズル

 〇ブロック

 〇スタンプ

 〇迷路

等々。

 

 ペーパークラフト・迷路・ぬり絵は確かに書店に行けば良質なものがたくさんある。でもそれでは予算をすぐにオーバーしてしまう。ここはやはりネットを利用するのが良い。ネットにはこれらのサイトがたくさんある。しかも基本的に全部無料だ!!!

 

 次にパズルやブロックだが、これらは100円ショップに行けば、結構質の良いものがたくさんある事に驚く。無論1つ100円で購入可能だ!他にも100円ショップには目を見張る商品がたくさんある。スクラッチアートなども秀逸だ!

 

 このようにして切り詰めたお金をプールして何か大きな買い物をする。例えば私の勤務する学童では先日48インチの巨大TVを買った。オリンピックを見るのはもちろんだが、こんな大きな画面があったら子供たちに見せたい映画がたくさんある。私自身が子供の頃にワクワク・ドキドキ・ハラハラしながら見た『バック・トゥー・ザ・フューチャー』三部作を見せたらどんなに喜ぶだろうかとか、もしかするとこれは高学年向けかも知れないが、細野守監督の『おおかみ子供の雨と雪』も見せてやりたい。同じく細野監督作品では『時をかける少女』も良い。

 

 そんなことを考えながら、今日も子供たちが学童に帰ってくるのを待つ。

 

 創意工夫ができて子供たちの笑顔がある。

 

 そこには働きがいが十分にあるのです。

 

f:id:kirutokira:20210716062414j:plain

お母さんと一緒に見て欲しい映画です。


 

 

社会的役割

 「髪を切ってもらうなら断然男の美容師さんだね。」

 「うん、間違いない!」

 友人と私は見事に意見が一致した。今日、昼食(ラーメン)を食べ、その後いわゆるゲームセンターに行った帰り道、車中での会話だ。

 「髪を切るってのは突き詰めれば、かなりマニアックな仕事だよ。生え際、つむじの数や向き、毛の流れや太さ、癖、等々。それらを理詰めで落とし込んでかなきゃいけない。そして物事を理詰めでトコトン追求するのは絶対に男の方が向いている。女性ってのは良くも悪くも情緒的な生き物だよ。」

 「そうだね、ある意味職人技だよ。俺も前に女の人に切ってもらった事あるけど、絶対男の方が上手い!」

 「椎名林檎さんも言ってる。女は感情の生き物だってね。まず感情ありきだ。その上に上っ面だけの論理をかぶせてくるから厄介だ!そしてそれを客観、俯瞰する視点に決定的に欠けている。無論例外もあるんだろうけれど・・・。椎名林檎さんが他の凡庸な女性と一線を画しているのは、自身を含めた女性が感情的な生き物だと客観視出来ている点だよ。それが出来るだけで立派だと思う。」

「お前、何かあったのか?」

「いや別に何もないけど・・・。」

 私は女子高に勤めていた頃の事を思い出した。それはもう「愛憎の嵐」だった。

「まあ、もちろんメルケル首相みたいな人もいるわけだし一概には言えないけど・・・。ただ、前に勤めていた職場の経営者が女性だったんだけど俺酷い目にあったぞ!今思い出しても腹が立つ!」

「まあ、女性は職人には向いていないって事だな。あと経営者や政治家にも。」

「そうだな、男尊女卑と言われようが何と言われようが構わないが、それは確かだ!でも・・・。」

「でも?」

「でも、母親になれるんだからそれらを補って余りあると俺は思うんだが。」

「確かに!」

「母親ってのはとても重要な社会的役割だと思うんだけどな~。よく俺の母が結婚相手ってのは自分の子供の母親になる女性なんだからと言っていたが・・・。」

「結婚すんのか?相手見つかったの」

「いや、しないよ。だから医師でも看護師でもいいから紹介してくれって!」

「女医に知り合いはいないし、看護師はほぼ全員既婚者だ。残念。」

「まあいいや。期待してないから。俺はいずれ文壇デヴューして、芸能人と結婚するからいいよ。その頃はお前なんぞからは手の届かない存在になってやる!」

「出たよ、ほら吹き中年(笑)」

 ちなみにこの友人は今日ゲームセンターのクレーンゲームで2000円近く無駄にした。月々の小遣いがいくらかは知る由もないが、財布のひもは奥さんがしっかりと握っているそうな。

 さて、女性の社会進出が叫ばれる昨今ですが、皆さんはどうお考えですか?私?私の見解は上記の通りです。ただ、ここからは真面目な話。今日行ったゲームセンターでベビーカーで泣いている赤ちゃんを横目にコインゲームに興じているママさんを見かけました。何と言うか人様の事なのでああだこうだ言う事は憚られるのですが・・・、でもやっぱり言わせてもらうと絶対によくないと思います。今度同じような場面に出くわしたら一言注意しよう。「赤ちゃん泣いてますよ」と。それも中年の社会的役割かと・・・。そう思ったのでした。

f:id:kirutokira:20210711231124j:plain

なんか落っことしそうでこわい!

こちらをよろしく!

長谷川漣のどこ吹く風|一般小説作品詳細|NOVEL DAYS (daysneo.com)

自意識の仮面

 夜更けに目が覚めると、何故か頭の中で『宇宙刑事ギャバン』の主題歌が流れていた。

 

~若さ若さってなんだ?

 振り向かない事さ!

 愛ってなんだ?

 ためらわない事さ!~

 

 我が身を省みてハッとした。どれ程多くためらってきたことか?何故ためらうのか?その理由のほとんどは「自分の内心を気取られたらどうしよう!」と言う恐れからだ。要は自意識過剰なのだ。

 

 その昔、村上春樹さんのデヴュー作「風の歌を聴け」で読んだ。

 

~かつて誰もがタフになろうとした時代があった。僕は思った事の半分しかしゃべらないようにしようと思った。でも気が付いたら思った事の半分もしゃべれない男になっていた。~

 

 私も同じだ。考えて、考えて、考えてから喋るようにしていたら、いつの間にか思っている事の半分もしゃべれない男になってしまった。考えて、考えて、考えて相手が傷つかないように苦心してから喋る。でもそれは裏返せば、実は自分が傷つかないように仕向けているだけなのだ。情けない話だ。

 

 今日、職場で人手が足りない場面があって、それで切羽詰まって久しぶりに怒鳴ってしまった。怒鳴った事自体は失敗したと思ったのだが、それとは別に、感情のおもむくままに怒鳴れて、ある意味気持ち良かった。忙しさが、普段は外すことのない「自意識の仮面」を取っ払ってくれたのだ。大人になるとはこの「自意識の仮面」をつけるようになることを言うのだと思う。この仮面を上手に付けたり外したりする事が出来る人もいれば、私の様に滅多なことでは外せない人間もいる。ただそれでは寂しいので、たまにはこの仮面を外した自分を知ってもらいたくもなる。そんな時、人は誰かを飲みに誘うのだ。この人には自分を知ってもらいたい。つまり飲みに誘われるのは光栄な事なのだ。また、逆に言えばお酒も飲めないうちはこの「自意識の仮面」などつける必要などない。言いたいことを言えるのは子供だけの特権なのだ!

 

 話しは戻るが、『宇宙刑事ギャバン』の主題歌によれば、「自意識の仮面」を取っ払うのは「愛」だという事になる。切羽詰まって外した私とは大違いだ。どうやら私は「愛」には程遠い人間らしい・・・。

 

 さて、この文章をお読みの皆さんは「自意識の仮面」つけてますか?外してますか?えっ、はなからそんなモノ持ってない!まさか?大阪のおばちゃんじゃあるまいし(笑)

f:id:kirutokira:20210710070053j:plain

よろしく勇気!蒸着‼‼‼

こちらもよろしくお願いします!

長谷川漣のどこ吹く風|一般小説作品詳細|NOVEL DAYS (daysneo.com)