アイデンティティー

まだクリスチアーノ・ロナウド

マンチェスターユナイテッドにいたころ、

試合後、彼がどこで誰と夜遊びをしていたか

アレックス・サー・ファーガソン監督は

翌日の朝にはちゃんと把握していたらしい

(『Number』より)

まあ、それは良くわかる話だ。

彼ほどのスター性

(後にマンUに莫大な移籍金をもたらす)

があるダイヤの原石(すでに十分輝いていた)を

その私生活を含めてしっかり監督しておくことは

クラブにとってもファーガソンにとっても

一大事だったのだろう。

あれだけのルックス(私より若干ハンサム(笑))

と実力、富と名声

どれをとっても常人には到底手の届かないものだ。

 

さて私は名も無いオッサンだが

彼の事が羨ましいかというと・・・

 

そうでもない。

いや、羨ましいといえば羨ましいのだが

自分はこれでいいかなと思う。

 

何故か?

 

私にあって彼にないもの

それは

「自由」だ。

 

私がどこで誰と何をしようが

そんなことは人様の興味の対象外だ。

LINEでどんなやり取りをしようが

ブログに何を書こうが

気に留める人はいない。

いるとすれば

それは学生時代のごく近しい

(今では遠く離れた)

友人や恩師くらいのものだ。

 

だが、これがクリスチアーノ・ロナウドだったら世間が黙っていない。

 

つまり、何が言いたいかというと

内心、思想、言論、表現という点で

私はクリスチアーノ・ロナウドよりもはるかに「自由」だ。

そして私は「自由」が好きなのだ。

おそらくほかの何よりも

 

古代ギリシアの格言に

「汝自身を知れ」

とある。

それはつまり

「自分が何が好きで何が嫌いか、それをわきまえろ」

という事だと私は理解している。(諸説あるが)

その意味で私は私自身をよく解っている。

(当たり前だ、もう40だ。解らないでどうする?

ただそうでない人がいるのも事実)

 

そして自分自身を知ると

いろいろな物事が実にシンプルに見えてくる。

そのシンプルな価値基準に従うことで

人は自己をより肯定的に

とらえることができるのではないだろうか?

 

「私が私で良かった。」

 

アイデンティティーってつまりはそういうことだと思う。

その意味で私は結構幸せなのかもしれない。(感謝)

 

You need to be yourself

You can't be no one else

OASIS Supersonic

 

Get grip of yourself It don't cost much

OASIS Whatever

 

僕が僕らしくあるために

好きなものは好きと

言える気持ち

抱きしめてたい

槇原敬之 どんなときも)

 

私以外私じゃないの

当たり前だけどね

だから

報われない気持ちも整理して

生きてきたいの

普通でしょ

ゲスの極み乙女 私以外私じゃないの)

 

僕が僕であるために

勝ち続けなきゃならない

尾崎豊 僕が僕であるために

 

様々なアーティストが扱っている普遍的なテーマだ。

繰り返しになるが

「自分が自分で良かった」と思えること

それは幸せのひとつの形なのだと思う。

そのためにも

「汝自身を知る」

必要があるのではないだろうか?

さすが古代ギリシア

伊達じゃない(笑)