選択と集中

選択と集中」とはビジネス用語だが

 

(限りある資源を得意な分野に集中することで、その分野では負けないこと)

 

結婚生活にも応用できると思う。

 

女性の社会進出が叫ばれている昨今、恐縮だが、

 

「一方が家庭や育児に専念することで、もう一方が仕事に専念する」

 

そういう意味での「選択と集中」(役割分担)もありではないかと・・・

 

もちろん共働きを否定するつもりはないが・・・

 

つまり、何が言いたいかというと、

 

私などは稼ぎの良い嫁さんを見つけて早く「専業主夫」になりたいな

 

という落ち(笑)

 

でも、一理あると思いませんか?